かつっぺ
かつっぺ
みなさん、こんにちは。
Az-ing Lab.2nd(エージングラボ・セカンド)を見る時は、まずトミーさんの顔のふっくら具合からチェックしてしまうかつっぺです😊

この記事は、
「釣りビジョンVOD」無料お試しで見た「Az-ing Lab.2nd」の番組・使用タックル紹介と感想です。

釣りビジョンVODで見ることができる「Az-ing Lab.2nd」はどんな番組?
Az-ing Lab.2ndではどんなタックルを使っているの?

お答えします。

 

釣りビジョンVODで見ることができる「Az-ing Lab.2nd」は、釣り具メーカーTict(ティクト)のアンバサダーを務める富永敦(トミー)さんがメインキャストを務めるアジングの番組です。

基本的に、Tict製品を使ってのアジング釣行記なので、Tictの新製品ロッドやワームなどが番組内で紹介されます。

したがって、Tictのロッドを使ってみたいけど、どんな感じなのかなというのを知りたい方は、「Az-ing Lab.2nd」を辿って見ていくとあなたに合ったロッド選びができますよ。

 

今回は「Az-ing Lab.2nd」の3放送回分の内容とタックルを簡単に紹介します。

今回視聴した番組
  1. 佐賀の離島で爆風デカアジ釣法
  2. 福岡県で尺アジ狙い!キャンプは安全第一
  3. 佐田岬エリア デカアジ攻略で使っていたロッド

 

スタッフとのやりとりも楽しみながら、

釣りの最中はしっかりリポートもしてくれる「Az-ing Lab.2nd」はアジング初心者にとって大変勉強になる番組です。

 

釣りビジョンVODは、
今なら「14日間無料お試し期間中」です。

 

無料お試しはいつまでできるか分からないので興味がある方はお早めにご視聴ください。

 

【詳しくは👇こちらをご参照ください】

 

では、今回見た「Az-ing Lab.2nd」の番組情報と感想、気になったタックルをさくっとご案内します。

スポンサーリンク

釣りビジョンVOD「Az-ing Lab.2nd」


「Az-ing Lab.2nd」は、2011年9月から続いている人気番組。
いじられキャラ?のトミーさんが楽しくアジングリポートをしてくれる番組です。

 

釣りビジョンVODなら2014年11月放送回分から32放送回分見ることができますよ。
(2020年6月9日現在)

 

【番組コンセプト】
”フィッシング&キャンプを満喫しよう”
身近な漁港でライトタックルを使用し “アジ” を狙う釣り、それがアジングです。“手軽に楽しく”をモットーにアジング界の新星・トミーこと、富永敦が、全国各地でフィッシング&キャンプを楽しむ番組。時にはデカアジを狙い、ストイックな一面を見せる事もしばしば。キャンプとアジング好きにはたまらない番組です。
引用元: 釣りビジョン

釣りビジョンVOD 無料お試しはコチラ

トミーさん 爆風の中デカアジに挑む


初回放送:2020年3月

佐賀の離島で爆風デカアジ釣法の番組情報

52 佐賀の離島で爆風デカアジ釣法
今回トミーさんが向かった先は九州。キャンプ道具を引っさげ、佐賀県の離島、加唐島で冬のデカアジ&キャンプを満喫します。
撮影当日は風速10m強の爆風。ライトゲームでは最悪のコンディションの中、トミーさんは糸ふけを丁寧にとりながら探ります。すると、ドラグが悲鳴を上げる程のデカアジが…
引用元: 釣りビジョン

佐賀デカアジ釣法のひとこと感想

収録日は2月18日。
コロナのニュースが広がっていた時期。
収録はギリギリセーフのタイミングでしたね。
でも、宿泊予定の宿はキャンセルされてしまい、急遽小屋みたいなところを借りてました。

 

今回はタイトル通り爆風アジング。

 

秋から冬、春先に離島に渡ると爆風まで行かずとも強風に悩まされることがあります。
そこで、風が強い時の糸ふけの処理の仕方を解説してくれています。

 

ある程度回数を重ねている人はだれでもやっていることですが、
意外とおろそかにしている人もいると思うので、ん?私のこと?(^^;

 

強風時でもしっかり釣果を出したい方は動画を見て実践あるのみです。

 

とはいえ、強風時は無理な釣行は厳禁ですけどね。

 

 

さて、トミーさんは爆風の中、ジグヘッド1.5g~2.0gでラインを張りながらアタリを取っていきます。

 

アジがついているところを早々に見つけてデイゲームでグッドサイズをキャッチ。

 

トミーさん、さすがです!

 

初日のデイをのぞけば、大きいサイズはやはりボトム付近でした。

 

 

そして、キャンプは今回も…(^^;。

佐賀離島の爆風デカアジ釣法で使っていたワーム

冒頭、スラムの83を持ってきたと言うてましたが、結局使っていたのは61かな。
(ロッドの紹介は次の番組で)

ということで、ワームの紹介。

 

私はあまりティクトのワームで釣った(釣れた)ことがないんですが、

 

放送を見ると、やはりサイズを狙うにはブリリアント2.5インチのような強くアピールできるものの方が良いんだなと思いました。

 

今回、デイでは銀粉ジャコブルーUV、朝夕のマズメ時には 銀粉オキアミグローを中心に使っていました。

 

数多のリクエストにより2.5インチがついに復活!
ボリュームのあるリングボディとパドルテールが、エサがここにあるという存在感を示し、そのアピール力はUSBワームの中で群を抜く存在!
イワシ・キビナゴなどデカベイトに付くギガアジや尺メバル攻略にも
引用元:Tict

トミーさん、福岡県で尺アジに挑む!


初回放送:2020年1月

福岡県で尺アジ狙い!キャンプは安全第一の番組情報

51 福岡県で尺アジ狙い!キャンプは安全第一
“手軽に楽しく”をモットーにアジング界の新星・トミーこと、富永敦が、全国各地でフィッシング&キャンプを楽しむ番組。今回のテーマはデカアジ攻略です!
新年一発目は尺アジ情報が舞い込んできた福岡県宗像大島へ。真冬はデカアジが狙えるシーズン。尺アジどころかギガアジが釣れるかも…。期待に胸膨らませ、島へ渡ります!
引用元: 釣りビジョン

福岡尺アジ狙い!!のひとこと感想

使用ロッドはSRAM UTR-61のプロト版2種類。

ティップが柔らかいものと硬めのもの。

柔らかい方は細いソリッドなので、デメリットとして深場な流れが速いエリアで重たいジグヘッドを引くときにはティップが曲がってしまうので操作感がなくなってしまう。でも、メリットとして軽量リグを港内で使う時や表層で繊細なゲームをするときには使いやすい。

硬いのはその逆ですね。なので、状況に合わせて使い分けると。

 

でも、結局発売されているのは「UTR-61-one lgd」1種類だけかな。

 

画面を通してでも、20cm前後のアジなら何の造作もなく釣れてしまう感じがしました。

 

尺狙いで釣り上げた27cm前後のアジでも使っているジグヘッドが1g前後なのでアタリも明確でしっかりキャッチできてましたね。

 

それにしても、でかいサイズの居場所を見つけて釣られるあたりはさすがです。

福岡尺アジ狙いで使っていたロッド

ロッドはティクトのスラム アルティメットチューンSRAM UTR-61-one lgd
定価は38,000円

 

楽天市場やYahoo!ショッピングなら36,000円前後で販売されているので、ポイント20倍の日なら実質30,000円ちょいで購入できます。

 

感想でも書いた通り、20cm前後なら勝手に釣れる感覚ではないでしょうか。

 

ただ、ワンレングスでティップが繊細なので取り扱いには注意が必要です。

 

Legend(レジェンド)のミドルネームを冠した“瞬感”速掛けワンピース。
ティップ→ベリー→バットへと負荷に応じてスムーズに曲がることで、抜群のキャストフィールと柔軟な魚とのやりとりを可能に。
また、極細ショートカーボンソリッドティップが、潮流の変化といった状況感知能力“アタリの前の感度”をもたらし、軽量リグをアングラーの意のままにできる、高い操作性を実現したアジング“伝説”を築ける一本です。
引用元: Tict

トミーさん、佐田岬でギガアジに挑む!

Az-ing Lab.2nd

釣りビジョンVOD スマホアプリ

初回放送:2016年1月

愛媛県佐田岬エリア 回遊!?居着き!?魅惑のデカアジ攻略!の番組情報

27 愛媛県佐田岬エリア 回遊!?居着き!?魅惑のデカアジ攻略!
“今回のAzing lab.2ndは、冬の愛媛県佐田岬周辺が舞台!この辺りは、毎年、冬になると40cmを超えるデカアジが狙えるポイントらしいのです。一体どんな釣りになるのか?
番組記録を塗り替えるような大物を狙おうと、トミーさんのテンションもアップ!前情報ではかなり釣れているということですが、本当に上手くいくのでしょうか?お楽しみに。
引用元: 釣りビジョン

佐田岬エリア デカアジ攻略のひとこと感想

私も釣り友に誘ってもらい、一度だけ佐田岬まで足を運んだことがあります。
撃沈しましたけど😢(→コチラ

 

この日もそこそこ風が強い中、ラインメンディングに気をつけながら開始。

ただ巻きだけでなく、途中食わせの間を与えることできっちりバイトさせキャッチしていきます。

いつにもまして“本気モード”のトミーさん。

一投一匹ペースで釣っていきます!

サイズも25cm前後連発!

でも、目標の32cmオーバーは…。

 

後半はプラグでメッキゲーム。
使用ロッドがチューブラーティップのスウィングマンなので、プラグの操作も全く問題なしという感じでした。

佐田岬エリア デカアジ攻略で使っていたロッド


ロッドはティクトのスラム UTR-58T-one-TOR”スウィングマン”
定価は46,000円

楽天市場やYahoo!ショッピングなら43,000円~45,000円で販売されているので、ポイント20倍の日なら実質36,000円前後で購入できます。

 

アジングでは細かいアクションを入れながら食わせの間を作るという感じの使い方をしていましたが、

 

UTR-58T-one-TOR”スウィングマン”は、きびきびしたアクションがつけられピタッと間を取れているように見えました。

 

こちらも、ワンレングスでティップが繊細なので取り扱いには注意が必要ですね。

 

“Swingman”=器用。ライトゲームにおけるさまざまな使用リグウェイト。
その中でも柔軟な極細0.9mmイノセントチューブラーティップを持ち、オーバー1g(2g~3gベスト)をメインとしながらも、ロッド全体を使ってリグウエイト幅を広く扱えるという”器用”な一本がUTR58T。ブランク及びロッドパーツは極限まで無駄を省きシリーズ最高、 究極の軽さと操作性を手に入れた、超究極チューブラワンピがここに誕生。
引用元: Tict

Az-ing Lab.2nd:まとめ


今回紹介した3回ともキャンプはなかったですが(^^;

 

「Az-ing Lab.2nd(エージングラボ・セカンド)」は長く見続けている好きな番組の一つ。

 

番組の特徴を簡単にまとめるとこんな感じ。

 

  • トミーさんとスタッフさんのやり取りが面白い
  • Tictのロッドとワームの特徴解説が詳しい
  • とりあえず数は釣る
  • キャンプは時々(笑)

 

特に、アジングが好きでティクトのロッドを使ってみたいなと思われている方には特におすすめできる番組です。

 

店舗でふりふりして感触がよくても、上手く釣れるかどうか、扱えるかどうかはちょっと不安ですよね。

 

そんな時「Az-ing Lab.2nd(エージングラボ・セカンド)」を見れば

 

実際にどのように扱ったら効果的なのかという解答を与えてくれます。

 

釣りビジョンVODなら「Az-ing Lab.2nd(エージングラボ・セカンド)」を30放送回分以上見ることができるので、

 

Tict(ティクト)のロッドやその他のタックル全体のコンセプトをしっかり抑えることができます。

アジングの釣果を伸ばしたい、
ティクトのロッドを使ってみたい、

 

そんな方は釣りビジョンVODで見ることができる「Az-ing Lab.2nd(エージングラボ・セカンド)」を是非全見てください!

 

本当に役に立ちますよ!

 

今回はここまでです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

釣りビジョンVOD 14日間無料お試しはコチラ
釣りビジョンVODは14日間の無料体験を実施しています。

私は結局無料お試しの後も継続中!

 

アジング番組では34の家邊克己さんの「アジングへ行こう!」も釣りビジョンVODでたっぷり見ることができます。

 

 

こちらもアジングエキスパートの家邊さんの詳しい解説が大変勉強になります。

 

トミーさんと家邊さんのアジング番組がいつでもたっぷり見られて1カ月1,320円(税込)は安い!

 

お試し期間+1カ月くらいで全放送回見ることができるかな?

 

これからまた収録が再開されると、新しい放送も始まるので、それを見るために結局やめられなかったりしますけど😊